精油の禁忌・注意事項【ラ・ワ行】

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。


ライム

Citrus aurantifolia

ミカン科・果皮・トップノート

  • 塗布した肌を4~5時間は直射日光(紫外線)に当てないようにする

⇒フロクマリン類に光感作(光毒性)作用があるため

 

  • 希釈して使用することが望ましい

⇒精油全体の作用により皮膚刺激の可能性があるため

 

ラブラドルティ

Ledum groenlandicum

ツツジ科・葉付き小枝・トップノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦には長期間・継続的・広範囲に多量の使用避け、注意をして使用する

⇒精油の持つ毒性が全て解明されていないため

 

ラベンダー・ストエカス

Lavandula stoechas

シソ科・花穂・ミドルノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない。ただし、希釈して耳道に使用する場合を除く

⇒ケトン類に神経毒性があるため。また、堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

ラベンダー・スピカ

Lavandula spica

シソ科・花穂・トップノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には、長時間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒ケトン類に神経毒性があるため。また、堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

ランタナ

Lantana camara

クマヅツラ科・花と茎葉・ミドルノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には、長時間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒ケトン類に神経毒性があるため。また、堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

リトセア

Litsea cubeba

クスノキ科・種子(実)・トップノート

  • 50%以下に希釈して使用する

⇒テルペン系アルデヒド類に肌を荒らす危険性があるため

 

レモン

Citrus limon

ミカン科・果皮・トップノート

  • 塗布した肌を4~5時間は直射日光(紫外線)に当てないようにする

⇒フロクマリン類に光感作(光毒性)作用があるため

 

  • 希釈して使用することが望ましい

⇒精油全体の作用により皮膚刺激の可能性があるため

 

レモングラス

Cymbopogon citratus

イネ科・全草(根以外)・トップノート

  • 50%以下に希釈して使用する

⇒テルペン系アルデヒド類に肌を荒らす危険性があるため

 

レモン・バーベナ

Lippia citriodora

クマヅツラ科・葉・トップノート

50%以下に希釈して使用する

⇒テルペン系アルデヒド類に肌を荒らす危険性があるため

 

レモン・バーム

Melissa officinalis

シソ科・全草(根以外)・ミドルノート

50%以下に希釈して使用する

⇒テルペン系アルデヒド類に肌を荒らす危険性があるため

 

ローズマリー・カンファー

Rosmarinus officinalis CT (Camphora)

シソ科・花と茎葉・ミドルノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類に神経毒性があるため。また、堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

ローズマリー・ベルべノン

Rosmarinus officinalis CT (Verbenone)

シソ科・花と茎葉・ミドルノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

ローレル

Laurus nobils

クスノキ科・葉・トップノート

  • アレルギー体質の人はアレルギーを示すことがある

⇒原則としてパッチテストを行ってから使用する

 

ロベジ

Levisticum officinalis

セリ科・根・ベースノート

  • 10%以下に希釈して使用する

⇒精油全体の作用によるため

 

  • 排液のために長期間継続する場合は、一般的に1~2か月での使用とし、長期継続はしない

 

ワームシード

Chenopodium ambrosioides

アカザ科・花と茎葉・ベースノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒アスカリドールに神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

ワイルドキャロット

Daucus carota

セリ科・種子・ミドルノート

  • カロトールにはホルモン様作用は無さそうだが、慎重を期し、ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒セスキテルペンアルコール類にホルモン様作用の可能性があるため

 

アロマ体験レッスン

NARDJAPAN認定講座のダイジェスト版のレッスン+講座説明会
アドバイザーコース、インストラクターコースはお好きなメディカルアロマの実習付きです。
セラピストコースはアロマトリートメントを体験していただきます