精油の禁忌・注意事項【サ行】

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。


サイプレス

Cupressus sempervirens

ヒノキ科・葉付き小枝・ミドルノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない

⇒微量含まれるマノオールにエストロゲン様作用があるため

 

サンダルウッド

Santalum austrocaledonicum var. austrocaledonicum

ビャクダン科・木部・ベースノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない

⇒セスキテルペンアルコール類にホルモン様作用があるため

 

シダー

Juniperus virginiana

ヒノキ科・木部・ミドルノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない

⇒セスキテルペンアルコール類にホルモン様作用があるため

 

シトロネラ・ジャワ

Cymbopogon winterianus

イネ科・全草(根以外)・トップノート

  • 50%以下に希釈して使用する

⇒テルペン系アルデヒド類に肌を荒らす危険性があるため

 

シナモン・カッシア

Cinnamomum cassia

クスノキ科・葉付き小枝・ミドルノート

  • 10%以下に希釈し、広範囲に使用しない
  • 乳幼児、授乳中の産婦には使用しない

⇒ケイ皮アルデヒドに皮膚を荒らす危険等があるため

  • 妊婦には使用しない

⇒ケイ皮アルデヒドによる子宮や皮膚への影響を考慮して

 

シナモン(樹皮)

Cinnamomum verunm= Cinnamomum zeylanicum

クスノキ科・樹皮・ミドルノート

  • 10%以下に希釈し、広範囲に使用しない
  • 乳幼児、授乳中の産婦には使用しない

⇒ケイ皮アルデヒドやフェノール類に皮膚を荒らす危険等があるため

  • 妊婦には使用しない

⇒ケイ皮アルデヒドによる子宮や皮膚への影響を考慮して

 

シナモン(葉)

Cinnamomum verunm= Cinnamomum zeylanicum

クスノキ科・葉・ミドルノート

  • 10%以下に希釈し、広範囲に使用しない

⇒フェノール類に皮膚を荒らす危険等があるため

  • 妊婦には使用しない。例外として出産時の妊婦には注意をすれば使用可能

⇒オイゲノールに子宮収縮作用があるため

 

ジャスミン(アブソリュート)

Jasminum officinalis

モクセイ科・花・ミドルノート

  • 原則として原液を塗布しない

⇒アブソリュートのため

 

  • 誘眠作用があり、集中力を妨げる可能性があるので長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒ジャスミン精油全体の作用によるため

 

スターアニス

Illicum verum

シキミ科・種子(実)・トップノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない

⇒trans-アネトールにエストロゲン様作用があるため

  • 乳幼児、妊婦には使用しない

⇒精油全体の作用によるため

 

スペアミント

Mentha spicata

シソ科・全草(根以外)・ミドルノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

セージ

Salvia officinalis

シソ科・花と茎葉・トップノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

  • 長期間・継続的・広範囲に多量を使用してはいけない

⇒ツジョンを多く含むため

 

  • ビリジフロロールを多く含む精油は、ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒ビリジフロロールにエストロゲン様作用があるため

 

セロリ

Apium graveolens

セリ科・種子・ミドルノート

  • 排液のために長期間継続する場合は、一般的に1~2か月での使用とし、長期継続はしない

 

オンラインレッスンのおすすめ

オンラインレッスンの詳細をまとめました。
受講費や教材など、受講特典のご用意をしています。
オンライン受講に不安がある方へはZOOMの使用方法のレクチャー時間も対応します。
NARD JAPAN、AEAJ、L.C.I.C.I.コースを受講検討中の方はぜひご確認ください。