精油の禁忌・注意事項【タ行】

ナードアロマテラピー協会認定校・AEAJ総合資格認定校 アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。

タイム・ゲラニオール

Thymus vulgaris CT( Geraniol)

シソ科・花と茎葉・ミドルノート

  • 原則として出産時以外の妊婦には使用しない

⇒ゲラニオールに子宮収縮作用があるため

 

目次

タイム・サツレオイデス

Thymus satureoides

シソ科・花と茎葉・ミドルノート

  • フェノール類を多く含む場合があるので、広範囲には使用せず、敏感肌の人は10%以下に希釈して使用する

⇒フェノール類に皮膚を荒らす危険があるため

 

タイム・チモール

Thymus vulgaris CT (Thymol)

シソ科・花と茎葉・トップノート

  • 10%以下に希釈し、広範囲に使用しない

⇒フェノール類に皮膚を荒らす危険等があるため

 

タイム・パラシメン

Thymus vulgaris CT(Paracymen)

シソ科・花と茎葉・ミドルノート

  • 10%以下に希釈し、広範囲に使用しない

⇒フェノール類に皮膚を荒らす危険等があるため

 

タナセタム

Tanacetum annuum

キク科・花(花房含む)・トップ

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、注意をして使用する

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

タラゴン

Artemisia dracunculus

キク科・花と茎葉・ベースノート

  • 50%以下に希釈して使用する

⇒チャビコールメチルエーテルに皮膚を荒らす危険等があるため

 

ティートゥリー

Melaleuca alternifolia

フトモモ科・葉・トップノート

  • 3歳未満の乳幼児や敏感肌には10%以下に希釈して使用する

⇒精油全体の作用により皮膚を刺激する可能性があるため

 

ディル

Anethum graveolens

セリ科・種子・トップノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

トゥルーバルサム

Myroxylon balsamum var.pereirae

マメ科・樹脂・ベースノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒ネロリドールにエストロゲン様作用があるため

  • アレルギー体質の人はアレルギーを示すことがある

⇒原則としてパッチテストを行ってから使用する

 

予約サイトが苦手な方は、LINEからのお問い合わせも大歓迎です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次