精油の禁忌・注意事項【ハ行】

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。


パイン

Pinus pinaster

マツ科・針葉・ミドルノート

別名:フランスカイガンショウ、メリタイム・パイン

  • 希釈して使用することが望ましい

⇒精油全体の作用により皮膚刺激の可能性があるため

 

バジル

Ocimum basilicum ssp.basilicum

シソ科・花と茎葉・トップノート

  • 50%以下に希釈して使用する

⇒チャビコールメチルエーテルに皮膚を荒らす危険等があるため

 

パチュリー

Pogostemon cablin

シソ科・葉・ベースノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない

⇒セスキテルペンアルコール類にホルモン様作用があるため

 

パルマローザ

Cymbopogon martini

イネ科・全草(根以外)・トップノート

  • 原則として出産時以外の妊婦には使用しない

⇒ゲラニオールに子宮収縮作用があるため

 

ヒソップ

Hyssopus officinalis

シソ科・花と茎葉・ミドルノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

  • 低濃度で使用する。長期間・継続的・広範囲に多量の使用はしてはいけない

⇒ピノカホンやイソピノカホンを多く含有し、少量ながらツジョンも含有されているため

 

ヒマラヤスギ

Cedrus deodara

マツ科・木部・ミドルノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

フェンネル

Foeniculum vulgare

セリ科・全草と種子・ミドルノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない

⇒trans-アネトールにエストロゲン様作用があるため

  • 乳幼児、妊婦には使用しない

⇒精油全体の作用によるため

  • フェンコンを3%以上含む場合は、乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

  • フェンコンを3%以上含む場合は、長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒ケトン類に神経毒性があるため

 

ペッパー

Piper nigrum

コショウ科・種子・ミドルノート

  • 希釈して使用することが望ましい

⇒精油全体の作用により皮膚刺激の可能性があるため

 

ペパーミント

Mentha x piperita

シソ科・全草(根以外)・ミドルノート

  • 3歳未満の乳幼児には使用しない

⇒咽頭の痙攣を起こす可能性があるため

  • 妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類、特にℓ-メントンを多く含み、神経毒性があるため。また、堕胎作用(流産惹起作用)があるため

⇒血圧上昇作用によってマッサージや経口摂取後、血圧が急速に上がる可能性があるため広範囲に使用しない

⇒ℓ-メントールを多く含むため

 

  • 3歳以上の幼児には、長時間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意して使用する。

⇒咽頭の痙攣を起こすリスクやケトン類に神経毒性があるため

  • 高血圧症の人には長時間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、注意をして使用する。

⇒血圧上昇作用によってマッサージや経口摂取後、血圧が急速に上がる可能性があるため

 

ヘリクリサム

Helichrysum italicum Ssp. serotinum

キク科・花と茎葉・ミドルノート

  • 乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には、長時間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、注意をして使用する

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

ベルガモット

Citrus aurantium ssp. bergamia

ミカン科・果皮・トップノート

  • 塗布した肌を4~5時間は直射日光(紫外線)に当てないようにする

⇒フロクマリン類に光感作(光毒性)作用があるため

 

  • 希釈して使用することが望ましい

⇒ベルガモット精油全体の作用により皮膚刺激の可能性があるため

 

ポンテローザパイン

Pinus ponderosa

マツ科・針葉・ミドルノート

  • 乳幼児や敏感肌には50%以下に希釈することが望ましい
  • 長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避けて使用する

⇒チャビコールメチルエーテルに皮膚を荒らす危険があるため

 

アロマ体験レッスン

NARDJAPAN認定講座のダイジェスト版のレッスン+講座説明会
アドバイザーコース、インストラクターコースはお好きなメディカルアロマの実習付きです。
セラピストコースはアロマトリートメントを体験していただきます