精油の禁忌・注意事項【ア行】

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。


アカマツヨーロッパ

Pinus sylvestris

マツ科・針葉・トップノート

  • 希釈して使用することが望ましい

⇒精油全体の作用により皮膚刺激の可能性があるため

 

アジョワン

Trachyspermum ammi

セリ科・種子・ミドルノート

  • 10%以下に希釈し、広範囲に使用しない

⇒フェノール類に皮膚を荒らす危険があるため

 

アトラスシダー

Ceder atlantica

マツ科・木部・ミドルノート

  • ケトン類を多く含む場合は、乳幼児、妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類に神経毒性や堕胎作用(流産惹起作用)があるため

 

アニス

Pimpinella anisum

セリ科・種子・ミドルノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない

⇒trans-アネトールにエストロゲン作用があるため

  • 乳幼児、妊婦には使用しない

⇒精油全体の作用によるため

 

アルベンシスミント

Mentha arvensis

シソ科・全草(根以外)・トップノート

  • 3歳未満の乳幼児には使用しない

⇒咽頭の痙攣を起こす可能性があるため

  • 妊婦、授乳中の産婦、神経系統の弱い患者(老人)、てんかん患者には使用しない

⇒ケトン類、特にℓ-メントールを多く含み、神経毒性、堕胎作用(流産惹起作用)があるため

⇒血圧上昇作用によってマッサージや経口摂取後、血圧が急速に上がる可能性があるため

  • 広範囲に使用しない

⇒ℓ-メントールを多く含むため

 

  • 3歳以上の幼児には、長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒咽頭の痙攣を起こすリスクやケトン類に神経毒性があるため

  • 高血圧症の人には長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、注意をして使用する

⇒血圧上昇作用によって、マッサージや経口摂取後、血圧が急速に上がる可能性があるため

 

アンジェリカ(シード、ルート)

Angelica archangelica

セリ科・種子/根・ミドルノート

  • 塗布した肌を4~5時間は直射日光(紫外線)に当てないようにする

⇒フロクマリン類に光感作作用があるため

 

イヌラ

Inula graveolens

イネ科・葉と茎葉・ミドルノート

  • ブタクサアレルギーの人はアレルギーを示すことがある。

⇒原則として、パッチテストを行ってから使用する

 

ウィンターグリーン

Gaultheria procumbens

ツツジ科・葉・ミドルノート

  • アスピリンアレルギーの人は使用しない

⇒サリチル酸メチルを多く含むため

 

  • 敏感肌の人は刺激を受ける場合があるので、20%以下に希釈して使用する

⇒サリチル酸メチルを多く含むため

 

ウインターセボリー

Satureja montana

シソ科・花と茎葉・ミドルノート

  • 10%以下に希釈し、広範囲に使用しない

⇒フェノール類に皮膚を荒らす危険等があるため

 

オレガノ

Origanum compactum

シソ科・花と茎葉・ミドルノート

  • 10%以下に希釈し、広範囲に使用しない

⇒フェノール類に皮膚を荒らす危険等があるため

 

オレンジ・スィート

Citrus sinensis

ミカン科・果皮・トップノート

  • 希釈して使用することが望ましい

⇒精油全体の作用により皮膚刺激の可能性があるため

 

オレンジ・ビター

Citrus aurantium ssp.amara

ミカン科・果皮・トップノート

  • 塗布した肌を4~5時間は直射日光(紫外線)に当てないようにする

⇒フロクマリン類に光感作作用があるため

 

  • 希釈して使用することが望ましい

⇒精油全体の作用により皮膚刺激の可能性があるため

 

オンラインレッスンのおすすめ

オンラインレッスンの詳細をまとめました。
受講費や教材など、受講特典のご用意をしています。
オンライン受講に不安がある方へはZOOMの使用方法のレクチャー時間も対応します。
NARD JAPAN、AEAJ、L.C.I.C.I.コースを受講検討中の方はぜひご確認ください。