精油の禁忌・注意事項【ナ行】

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。


ナツメグ

Myristica fragrans

ニクズク科・種子(実)・ミドルノート

  • 妊婦には使用しない

⇒精油全体の作用により、子宮収縮作用があるため

  • 長期間の使用はしない

⇒ミリスチシンに肝臓毒性と神経毒性があり、長期間使用した後に、突然変異原性のために発ガン促進物質になる場合があるため

 

  • 原液を塗布する場合は長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、注意をして使用する

⇒精油全体の作用によるため

 

ニアウリ・シネオール

Melaleuca quinquenervia CT (Cineole)

フトモモ科・葉・トップノート

  • ビリジフロロールを多く含む精油は、ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには長期間・継続的・広範囲に多量の使用は避け、低濃度で注意をして使用する

⇒ビリジフロロールにエストロゲン様作用があるため

 

ニアウリ・ネロリドール

Melaleuca quinquenervia CT (Nerolidol)

フトモモ科・葉・トップノート

  • ホルモン依存型癌疾患、乳腺症などには使用しない

⇒ネロリドールにホルモン様作用があるため

 

オンラインレッスンのおすすめ

オンラインレッスンの詳細をまとめました。
受講費や教材など、受講特典のご用意をしています。
オンライン受講に不安がある方へはZOOMの使用方法のレクチャー時間も対応します。
NARD JAPAN、AEAJ、L.C.I.C.I.コースを受講検討中の方はぜひご確認ください。