万能!手作りのミツロウクリーム

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。


今週の高校の授業の実習はミツロウクリーム。

ハチが巣を作るときに分泌するミツロウ。
ビーワックスとも呼ばれます。
抗菌作用や被覆作用、保湿作用があり、口紅やキャンドル、軟膏などの手作り化粧品の材料として使用されます。

個人的にはシアバターを使用したクリームが好きなのですが、ここは高校の授業。
アロマテラピー初心者のクリーム作りには、まずはミツロウクリームから。

 

材料と作り方

★材料

  • ミツロウ 1g
  • 植物油 5ml
  • 精油 1滴

 

★作り方 ~溶かして混ぜるだけ♪

  1. ミツロウ、植物油をそれぞれ計量する
    ⇒1mlスプーン山盛り1杯で約1gです。
  2. 精油を選んでおく
  3. ビーカーに移し、湯煎にかける
  4. 溶けたあとも少しよく混ぜる
  5. 精油を加えて混ぜ合わせ、素早く容器へうつし、出来上がり

ポイント

  • 湯煎用の鍋が小さいので、各机ごとに大きいビーカーでまとめて湯煎し、そのあと各自の容器へうつしました。
  • ミツロウはすぐに固まってしまうので、使用する精油をあらかじめ決めておくとよいです。
  • 使用後のビーカーはミツロウが固まってしまう前にティッシュなどで拭き取っておく。
    ⇒固まってしまった場合は、再度湯煎したらOK
  • ラベンダー、オレンジが定番の人気ですが、今年から精油セットにローズabs.が入っているので、ローズがなかなか良い香りでした。
  • リップクリーム以外に、ヘアワックス、ネイルクリーム、肘膝踵のガサガサなど、全身に使用できます。
  • 今回は医療用の軟膏容器を準備。軽いし、使いやすいし、安価。オススメです。
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ROMEOBLEU Hisayo Yamagamiさん(@romeo_bleu)がシェアした投稿

前日に私も試作しました。
精油はフランキンセンスラベンダー
植物油はマカデミアナッツ油スィートアーモンド油で、高校生よりちょっとリッチに。

アロマ体験レッスン

NARDJAPAN認定講座のダイジェスト版のレッスン+講座説明会
アドバイザーコース、インストラクターコースはお好きなメディカルアロマの実習付きです。
セラピストコースはアロマトリートメントを体験していただきます