パニック障害のクライアント様から気づかされたこと

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。


「パニック障害なのですが、アロマテラピーでなにかできることはありませんか?」

先日1本の電話がありました。

「はい、いろいろ方法はありますよ」と私。

こういったお問合せは多く。

いつも通りにアロマテラピーについて説明をしました。

アロマテラピーに関しては全くの初心者のようなご様子でした。

「一度お越しいただいて、心地よい香りはどれかお試しください」

いつも通りのご案内をしたところ。

「家から出られないんです」とのことでした。

 

そのあとどのくらい電話でお話ししたでしょうか。

  • パニック障害と診断され通院している
  • アロマテラピーでなにかできないか
  • どの精油を選べばいいのかわからない
  • 家から出ることができない
  • 車の運転もできない
  • でもどうにかできないかと思って勇気を出して電話をしてみた

『家から出ることができない』というのが、とても胸に刺さりました。

自分の意志で外出することもままならないのがとてもしんどい。

私のところへお越しいただくことは、とても高いハードルだということでした。

 

そして。

「差し支えなければ、私がお家にお伺いしてもよろしいでしょうか?」と私。

「体調がよく、外出ができるようになったらお越しください」なんて、とても言えませんでした。

 

私で、アロマテラピーで、何かできるのであれば。

何かお手伝いさせていただきたい。

そう思いました。

「本当に不調の人は、家の中で苦しんでいるんです」

今まで想像できていなかったことでした。

そのような状況のなか、私に電話をしてきてくれたその気持ちを受け止めたかったのです。

 

ご予約をいただき、今日は出張してきました。

お医者様でいうところの往診といったところでしょうか。

いろいろお話をお伺いしました。

アロマテラピーのこともお話ししました。

精油の香りも1つ1つ嗅いでいただきました。

最初は緊張していたご様子でしたが。

香りを確かめるごとに表情が変化していくのがわかりました。

途中途中で休憩をしつつ、ゆったりとした時間でした。

 

一般の方たちは、ディフューザーを使って精油の香りを拡散させる方法しか知らなかったりします。

皮膚に塗布したり

数種類の精油をブレンドしたり

私にとっては日常的なことですが、そうではないのだなということもわかりました。

いろいろな取り入れ方を提案し、今回はロールオンのオイルと入浴剤を作りました。

  • グレープフルーツ
  • ローズウッド
  • イランイラン

この3種をお選びいただきました。

  • カモマイル・ローマン
  • オレンジ・スイート
  • ベルガモット
  • マンダリン
  • マジョラム
  • ラベンダー・アングスティフォリア

精油の作用を考えて、これらの精油も候補に入れていたのですが。

香りを嗅いでみたところ苦手だということでした。

 

精油の作用だけで選択するのは、やはり対処療法的な方法です。

その人が心地よいと思える香り。

それが正解なのですね。

 

私が片付けをしていると

「精油の写真を撮ってもいいですか?」と。

「どうぞどうぞ」。

うれしそうに、楽しそうに写真を撮られている姿を見て。

私も幸せな気持ちになりました。

精油で、香りで。

心や身体が安らぐ時間が少しでも増えますように。

 

今回、はじめてのことですが出張してみてよかったです。

今まで続けてきたことを、こうしたカタチで提供できるのだということ。

クライアント様に気づかされました。

「外出できず、家で苦しんでいる人の希望になれば」

こうしてブログに投稿することも、ご理解していただけました。

ありがとうございました。

 

これからの私の仕事の1つとして、出張対応もありだと思いました。

私で、アロマテラピーで、何かできるのであれば。

何かお手伝いさせていただきたいです。




予約サイトが苦手な方は、LINEからのお問い合わせも大歓迎です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次