ナードセラピストトレーナーセミナーへ

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。



先週はロメオブルーが認定校しているNARD JAPAN主催のセラピストトレーナーセミナー受講のため東京へ。

昨年までは受験生として。
今年はセラピストトレーナーとして。

今までとは全然違う視点でのセミナー受講でした。

はじめて受講したのが2016年


このときは緊張からか、3日目の途中でめまいがしてきて。
ベッドで横になるという失態もありました。

2017年も緊張の連続

昨年2018年は緊張感からは少し解放され、自分自身と向き合う3日間でした。

あわせて読みたい
富士山と月に支えられ 東京での研修を終え、倉敷に帰ってきました。 ロメオブルーが認定校をしているナードアロマテラピー協会のセラピストトレーナーセミナーへ。   東京へ向かう日の静...


あと数年すると母が亡くなった年齢に私もなろうとしています。
周囲には孫が誕生している友人もチラホラと。
そんな年齢にもなったなかで、ストイックに自分自身と向き合う。
ただただひたむきに、自分自身と向き合う。

「山神さんは、まだ勉強しないといけないの?」
「何をそんなに勉強することがあるの?」

お客様や生徒さん、家族にそう言われることも少なくありません。
まだまだ未熟、未完成なのです。
まるでガウディのサグラダファミリア。
伸びシロは無限大∞
受講するときの自分の状況によって、気づきはたくさんあるのです。
セミナーに参加するたびに実感します。

セラピストコースで学ぶトリートメントの手技はとてもシンプルです。
シンプルだからこその難しさがそこにはあり。
思い描いたエフルラージュ(軽擦法)ができるようになるためには、かなりの時間を要しました。

手技の手順を覚えればいいのではなく
それに伴う立ち位置や体重移動、姿勢、呼吸。
そしてセラピスト自身の意識の持ち方

心・技・体+知恵+感性

これらを理解し、併せ持つことがセラピスト

全国から集まる先輩セラピストトレーナーの皆様はもちろん
ご指導いただく先生方の在り方など。

テキストに載っていること以外の大切なことを、今年もまたたくさん吸収しました。
自分の思い描くセラピスト像。
それを伝えることができる講師像に少しでも近づけるように。
日々追求していこうと思います。

今年受験する友人たちには、昨年たくさん支えられてきました。
練習台になってもらったり
私の腐った心の呟きを受け止めてもらったり

今度は私が応援する番です。
呼吸することも忘れてしまいそうな緊張感のなかで
瞼がまっすぐになり、額には縦線が入り、まるでアニメ『ちびまる子ちゃん』の野口さんのような表情の友人の様子。
ここから夏の試験までのしんどさを知っているだけに。
精一杯、取り組んでほしいなと。
その後ろ姿を見つめながらそう思いました。

応援しています。


行きの飛行機の窓からはきれいな富士山が見えました。

駿河湾を挟んで、右側が伊豆半島。
左側が清水。
富士山の手前が、私の生まれ育った富士市。
眺めているとエネルギーが湧いてくる景色です。

よいところで育ったのだなと。
離れてみて実感します。
歳を重ねたからかもしれません。

またゆっくり富士にも帰省したいです。




予約サイトが苦手な方は、LINEからのお問い合わせも大歓迎です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次