toggle
岡山県倉敷市にあるアロマとヘナのスクール・サロン ロメオブルーです。ナードアロマテラピー協会認定教室。質の良いアロマテラピーとヘナを提供しております。
2017-09-24

炭酸パックも手作りできます

「先生、今日は何を作るの?」

職員室で授業の準備をしていると学生達に聞かれます。

「今日は炭酸パックよ」

「え?またパック?パック多くない?」

なんてやりとり。

精油を使って、低予算で、そして高校生が好きそうなもの。

頭を振り絞って考えているのだからさ。

受け止めてくださいよ。

 

 

ということで、今週の実習は炭酸パック。

 

少し前の授業で、アロマテラピーで使用する基材(精油を希釈するため等に使う材料のこと)について学んでいます。

その復習になるということと。

比較的購入しやすくて安価な材料で簡単に作れるということ。

わざわざ高額な市販の商品を買わなくてもいいところ。

若い高校生にはまだ実感できないかな?

 

 

◆炭酸パック

材料(1回分)

  • 重曹 大さじ1
  • クエン酸 小さじ1
  • グリセリン 小さじ1
  • 精油 1滴
  • キサンタンガム 小さじ1/4
  • 精製水 20ml

 

作り方

  1. 重曹とクエン酸を容器やビニール袋等に入れて混ぜ合わせておく
  2. ビーカーでグリセリンと精油をよく混ぜ合わせる
  3. 2にキサンタンガムを加え、更によく混ぜる⇒ジェル状になります
  4. 精製水を少しずつ加えながら、よく混ぜる

 

使い方

  1. 上記の4に1を混ぜる
  2. すぐに発泡し始めるので、それを顔に塗布
  3. 15分くらいおいて、洗い流す

 

ポイント

  • 重曹とクエン酸を混ぜ合わせ過ぎると、その時点でガスが発生します。あまり刺激を与えないこと。⇒高校生はビニールで混ぜ合わせたので、ビニール袋がパンパンになる学生もいました
  • 粉類とジェルは使用直前に混ぜる
  • ラベンダー精油が今回も1番人気
  • 美白希望の学生はレモン精油を⇒光毒性に注意。日中の使用はNG
  • 刺激を感じたらすぐに使用をやめ、洗い流す

 

 

少し前に私が試作・使用したときの画像です。

こんな風にモコモコ~&ブクブク~と発泡します。

即効性よりも継続重視(ヘナと同じです)。

定期的にパックすることで、お肌の透明感がupできると思います。

 

 

キサンタンガムと精油はアロマテラピー専門店やネットで購入可能。

価格は500円~です。

それ以外の材料は薬局で。

ぜひ試してみてください。

 

 

夏にできた毛穴汚れ。

キレイになりますように。

 


関連記事