アロマの洗口薬で口腔ケア

ナードアロマテラピー協会認定校・アロマとヘナのサロン・スクール ロメオブルーです。


アロマで口腔ケア

先日生徒さんからのLINE。

アドバイザー試験前の生徒さんだからこその内容でした。

 

目次

LINEで送られてきた画像

  • チモール
  • L-メントール
  • 1,8シネオール
  • サリチル酸メチル
  • ジンククロライド

こうして生徒さんからLINEが届くのはうれしいです。

アドバイザー試験もがんばってほしいです。

 

洗口薬に含まれている成分をアロマテラピー的に解説

チモール

  • フェノール類
  • 抗リウマチ作用
  • 麻酔作用
  • 含まれる精油
  • アジョワン
  • オレガノ
  • タイム・サツレオイデス
  • タイム・チモール
  • タイム・パラシメン
  • マジョラム・ウィンター

 

L-メントール

  • モノテルペンアルコール類
  • 血管収縮作用
  • 鎮痛作用
  • 肝臓強壮作用
  • 筋肉弛緩作用
  • 含まれる精油
  • アルベンシスミント
  • ペパーミント

 

1,8シネオール

  • 酸化物類
  • 免疫調整作用
  • 抗炎症作用
  • 含まれる精油
  • ティートゥリー
  • ユーカリ・ラディアタ
  • ラヴィンツァラ
  • ラベンダー・スピカ
  • ローズマリー・カンファー
  • ローズマリー・シネオール
  • ローレルなど

 

サリチル酸メチル

  • エステル類
  • 鎮痛作用
  • 抗炎症作用
  • 肝臓強壮作用
  • 腎臓刺激作用
  • 含まれる精油
  • ウィンターグリーン

 

ジンククロライド

  • 塩化亜鉛
  • 日本で初めて洗口液、液体歯磨に有効成分として配合
  • 石灰化や歯石の沈着予防

 

 

チモール、L-メントール、1,8シネオール、サリチル酸メチル。

アロマテラピーの勉強をしていると、必ず登場する成分たちです。

ということは。

これらが含まれている精油で、口腔ケアが可能ということ。

植物油やジェル基材で希釈し、患部に塗布するとよいでしょう。

 

ただし。

精油は日本では雑貨扱いです。

医薬品でも、食品でもありません。

雑貨である精油を内服し、トラブルが起きたとしても。

それは個人の責任になります。

精油メーカー等へ訴えても、どうにもなりません。

 

そもそも。

精油は植物から抽出された高濃度のもの。

皮膚や粘膜に原液が付くと、かなりの刺激があります。

口腔は粘膜です。

この記事のなかで紹介している精油は刺激の強いものばかり。

精油を使った口腔ケアはオススメしません。

 

精油のこと、身体のこと、法律のこと。

これらを理解できている人が【自己責任】で使用してみるしかありません。

なんらかのトラブルが起きても全て自己責任です。

精油で口腔ケアができるということは、あくまでも理論として捉えてください。

リステリンでよいと思います。

 

ちなみに。

私の口腔ケアはというと。

クレイの歯磨粉で歯磨きして。

仕上げにハチミツをペロリと舐めます。

抗菌作用や抗炎症作用があるハチミツ。

精油もいいけど、ハチミツもね☆

 




予約サイトが苦手な方は、LINEからのお問い合わせも大歓迎です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次