toggle
岡山県倉敷市にあるアロマとヘナとクレイのスクール・サロン ロメオブルーです。ナードアロマテラピー協会認定教室。質の良いアロマテラピーとヘナを提供しております。
2018-01-09

痛みと炎症緩和のためのクリーム

陸上部でがんばる娘さんのケアに

暑い夏も寒い冬も、1年中陸上部の練習に励んでいる娘さん。

筋肉の緊張感を緩和するための、ホームケアで使えるクリームです。

 

生徒さんの実習ブレンド

  • ラベンダー・アングスティフォリア
  • バジル
  • ジュニパー
  • シアバター
  • 5%濃度

 

解説

ラベンダー・アングスティフォリア Lavandula angustifolia ssp. angustifolia

  • 科名:シソ科
  • 抽出部位:花穂
  • トップノート 
  • 鎮痙攣作用
  • 鎮静作用
  • 鎮痛作用
  • 筋肉弛緩作用
  • 抗炎症作用
  • 精神的、肉体的なリラックス効果に期待できる
  • 強ばった筋肉を弛緩させ、炎症を抑えたり、痛みを緩和させる
  • 禁忌事項無し

 

バジル Ocimum basilicum ssp. basilicum

  • 科名:シソ科
  • 抽出部位:花と茎葉
  • トップノート
  • 鎮痙攣作用
  • 自律神経調整作用
  • 交感神経調整作用
  • 鎮痛作用
  • 痙攣を抑える作用は秀逸
  • 筋肉や消化器系の痙攣や痛みを抑えたいときに瀕用
  • 交感神経が優位になることで緊張し、筋肉が拘縮されるので、自律神経系からも筋肉へアプローチ
  • 禁忌事項:50%以下に希釈して使用する(チャビコールメチルエーテルに皮膚を荒らす危険があるため)

 

ジュニパー Juniperus communis

  • 科名:ヒノキ科
  • 抽出部位:葉つき小枝
  • トップノート
  • 抗リウマチ作用
  • 鎮痛作用
  • 抗炎症作用
  • 鎮痙攣作用
  • 自律神経調整作用
  • むくみ、筋肉痛、関節炎、腱鞘炎などに
  • 自律神経系からくる緊張による筋肉の拘縮へのアプローチ
  • 禁忌事項無し

 

抗炎症作用、鎮痛作用、鎮痙攣作用による筋肉の炎症や痛み、痙攣に。

そして、自律神経系のバランスを取ることで、緊張による筋肉の拘縮の緩和に期待できます。

直接的に筋肉に作用させることと、自律神経系からの作用という、多角的なケアができるのがアロマテラピーのよいところです。

自律神経系が整うことで、お腹の消化活動や末梢の冷え、睡眠の状態も整い、様々な不調が緩和されることでしょう。

今回はシアバターを使ったクリーム状のものを作りましたが、植物油やジェルを基材として使用するのもよいでしょう。

特に夏はジェルが快適です。

抗炎症作用や鎮痛作用、抗リウマチ作用のあるアルニカ油がオススメです。

陸上部の娘さんだけでなく、家族の肩こりのケアなどにも使ってください。

 


関連記事